スーツについて

現代思考にアップデートしたスーツを

50代は上質な素材で大人の余裕を表現したスーツが基本です。
しかし、着こなし方を間違ってしまうと元も子もありません。
50代の人が若かりし頃に流行した構築的パワースーツは、今日ではややオールドスタイルになります。
モノ持ちがいいのは悪いことではありませんが、肩パッドの厚いものは硬い雰囲気が漂うので着用シーンには注意が必要です。
また、現代のスーツはウエストを高い位置で絞り、スマートにみせるデザインが主流となっています。
絞りすぎは大人に不相応ですが、ウエストの絞りを示すドロップでいえば6ないし7くらいあると程よい絞りになります。
さらに、現代のパンツはクォーターからハーフクッションのほうが形は映えますので、ブカブカ丈の人はアップデートが必要です。
シングル裾は本来はフォーマル仕様ですが、無意識に選ぶと野暮に見えることもあるので注意します。
また、年齢を重ねると固い作りのスーツは気疲れしてくるので、重厚なのに快適をテーマに選んでいくことが重要です。

Copyright© スーツ All Rights Reserved.

現代思考にアップデートしたスーツを
スーツ